2009/05/06

GWほとんど休みなかった。・゚・(ノД`)・゚・。


2009/04/27
戦え僕らのサンシャイン!【第20.3話】

ブロンド ♪大ーきなーのっぽのー砂時計ー☆
カクタスグリーン え、砂時計っ!?
ブロンド 90年以上動いてるなんてすごいよねー。
ハイドランジアブルー どれだけ大きいんだ、その砂時計。

――つづく。

お名前

メッセージをどうぞ



2009/04/26
戦え僕らのサンシャイン!【第20.2話】

ブロンド ♪ゆーびんやさんっ おとしっものっ☆
いらないんだったら……タベチャウヨ!
ハイドランジアブルー 食べるな食べるな。ていうか拾得物はちゃんと届けろ。
ブロンド 三丁目の金沢さん家に届ければいいの?
ハイドランジアブルー 誰だ、金沢さんって。

――つづく。

お名前

メッセージをどうぞ



2009/04/24
残業ばかりでえうー(つДと)
GWになったら更新できるといいなぁ……。

とりあえずSEO対策に「踏んで 四女」でリンク貼っておきます(◎ゝ`ω・)b Иё☆

2009/04/05

↑ 発言パターンが増えましたが、きっと気のせいです。


2009/04/07

どこかのえっちなサイトの脱衣じゃんけんに熱中しすぎて眠いですZzz


2009/04/05

↑ 発言パターンが増えましたが、きっと気のせいです。


2009/03/31

↑ 何か住み着きましたが、きっと気のせいです。


2009/03/16
戦え僕らのサンシャイン!【第20.1話】

ブロンド ♪あるー日 森のなーかー☆
くまさーんに――……えっと、なんだっけ?
ハイドランジアブルー ど忘れしたのか?
ブロンド あっ!
♪くまさーんに たべらーれたー☆
カクタスグリーン 食べちゃだめぇぇぇ!

――つづく。

お名前

メッセージをどうぞ



2009/03/02
戦え僕らのサンシャイン!【第20話】


3月3日、ひなまつり。


ブロンド ♪あかりをつけましょ ぼんぼりにー☆
――ねえ、ぼんぼりって何のこと?
ピーチブラック 盆踊りの事よ。
ブロンド へぇ、そうなんだー。
ハイドランジアブルー 違うだろ。嘘教えるな。
ピーチブラック ……本当はボンボリー・ヘップバーンっていう
昔の有名な女優さんの事よ。
ハイドランジアブルー いや、それも違うだろ。
ブロンド つまりー、ボンボリーさんが盆踊りをする日なの?
ピーチブラック そうそう。
ハイドランジアブルー お前ら人の話を聞けっ!
カッパーレッド 雪洞(ぼんぼり)とボン・ボヤージュ(良い旅を!)って
似てるよね?
ハイドランジアブルー 似てないから。
ピーチブラック ……そうか、そのネタがあったか。
ハイドランジアブルー いやだから、ネタとかどうでもよくてだな、
インフラレッド ボン・ボヤージュ!ひゃーっほう!
ハイドランジアブルー お前は全裸で何処に行く。

――つづく。

お名前

メッセージをどうぞ



2009/02/28

連日の残業と休日出社で時間が(ry


2009/02/03
戦え僕らのサンシャイン!【第19話】


2月3日、節分。


インフラレッド 俺はー外ー 服はーうち!
カッパーレッド え、全裸?
ブロンド きゃあっ☆
ハイドランジアブルー おーまわーりさーん!

――つづく。

お名前

メッセージをどうぞ



2009/02/02
戦え僕らのサンシャイン!【第18話】

ブロンド うろうろうろうろ……、
えー、どっちかわかんなーい!
カッパーレッド 左、左、えっとそっちじゃなくて、お茶碗持つ方。
ハイドランジアブルー なんで冬に、しかも室内で
スイカ割りなんかやってるんだよ。
カッパーレッド これも剣術の訓練の一環さ。
あ、ちょっと行きすぎ右に5度もどって。
ブロンド えー、こっちー?
ハイドランジアブルー 5度って言われても困るだろ普通。
カッパーレッド よし、そこでBダッシュ!
ハイドランジアブルー Bダッシュ!?
ブロンド ぴゅ――――!

――つづく。

お名前

メッセージをどうぞ



2009/01/28
戦え僕らのサンシャイン!【第17話】

ピーチブラック 今までのあらすじ。

時は幕末、慶応4年。
武器商人グラバーの手によって日本へと運ばれた二丁の名も無き『銀銃』。

それがアメリカ南部連邦と共に滅びたはずの「西部錬金術師協会」製であることを知ったアメリカ海軍のペリーさんは、羊飼いのメリーさんと共に生麦村生米村生卵村を訪れ、隣の柿はよく客喰う柿であるという事実に驚愕する。

一方その頃、オスマン帝国支配下のゴラン高原で古代遺跡を発掘していたグレイ博士が、「テケリ・リ テケリ・リ」という謎の暗号を残して失踪。その所持品の一部がメンフィス、メキシコ、日光、火星、煙突の中、靴下の穴などから発見され、三丁目の町内会に恐慌を引き起こした。

――それから140年が過ぎ、突如現代に再臨した第六天魔王。
彼女は焦茶色の帽子のつばをゆっくり人差し指で押し上げながら、大声でこう叫んだ。
「どきどきしてるー!?」

ブロンド へぇー、そういう話だったんだー。
ハイドランジアブルー 何もかも嘘ばっかりだ……!

――つづく。

お名前

メッセージをどうぞ